BU活(勉強会)

中国地方で活躍するゲストを招いた勉強会!





BU活とは?
B:ビジネスを、U:生み出す、活動! の略です。
もともとは、2012年4月から、主にビジネスプランコンテスト受賞者の活動報告会として始まった『てごねっと勉強会』。
そのうち中国地方で活躍する方をゲスト講師としてお招きするようになりました。あまりに白熱して面白いので公開イベントとして開催するようになり、現在に至ります。
毎月開催していますので、興味がある方は下記サイトをご覧ください。

てごねっと石見ホームページ BU活専用ページ ⇒ 詳しくはこちらから
ブログ・てごねっと石見の活動日記 ⇒ http://blog.canpan.info/tegonet/
てごねっと石見facebookページ ⇒ https://www.facebook.com/tegonet


〜次回のBU活のお知らせ〜

年明け1発目のBU活は、東京都世田谷区でバスケットボールショップを経営する広田知孝氏をお招きします。

大学を卒業後、中目黒「BAMBOO SHOOTS」を経て、2004年にバスケットボールショップ「Ryzm」を駒沢にオープン。 バスケットボールは中学から現在までプレイを続けており、高校時には全国大会出場・国体代表選出を果たす。 また指導者としても都内NPO法人ピポットフットにてバスケ教室のコーチを受け持つ。 さらに現在では、世田谷での総合型地域スポーツクラブ「Climb Woods」の設立とガレージアウトドアブランド「Hariyama Productions」のアドバイザーとしても奔走。 「好きな事だけを仕事にする」スタンスを頑なに守り日々を営んでいる。1977年生まれ。栃木県出身。

バスケットボールショップ立ち上げまでの経緯や、総合型地域スポーツクラブの設立など、スポーツを軸にしたお話を展開していただく予定です。

▼Ryzm
http://ryzm.net/

▼NPO法人ピポットフット
http://p-foot.jp/

▼地域クラブClimb Woods
http://climbwoods.com/


【開催概要】
日時:1月14日(火曜日)18:00~19:30

※終了致しました。

場所:NPO法人てごねっと石見・駅前KICHI(江津市江津町1517-2)

参加費:500円(資料代等含む)

※終了後約1時間、名刺&意見交換のためのプチ交流会を開催します。(ソフトドリンクとお菓子をご用意致します)
※駐車場がありませんので、江津駅前の駐車場をご利用ください(50円/30分)。
近隣で飲食いただければサービス券が発行できます。

Facebookイベントページはこちら


【BU活とは?】 B:ビジネスを、U:生み出す、活動! の略です。 もともとは、2012年4月から、「てごねっと勉強会」として始まった内輪の企画でした。主にビジネスプランコンテスト受賞者の活動報告会だったのですが、そのうち中国地方の先進事例をゲスト講師としてお招きする勉強会になりました。あまりに白熱して面白いので公開イベントとして開催するようになり、現在に至ります。毎月開催していますので、興味がある方はてごねっと石見のフェイスブックページに「いいね!」をお願いします。 https://www.facebook.com/tegonet

・問い合わせ先 電話 0855-52-7130(担当 盆子原)
       メール bonkobara@tegonet.net
      (お名前とご連絡先、ご職業をお伝え下さい)
※事前の申込が必要です。


131016bukatsu.JPG

江津のNPOが集結! 活動報告&意見交換会  講師:川北秀人氏
2013年10月16日(水)18:30~20:00

江津市内には6つのNPO法人があります。教育、子育て、障碍者支援、介護、まちづくり等、様々な分野で活動していますが、「具体的に何をやっているのか?」「取り組んでいる活動が何に役立っているのか?」「そもそも誰がやっているのか?」……市民の方々にほとんど知られていないのが現状です。てごねっと石見も含め、それぞれが取り組む活動に共感して、「一緒にやりたい!」という仲間を増やしていきたい、という想いがあります。
今回のBU活は、各団体から活動報告をしていただき、それに対して、NPOプレイヤーの人材育成、NPO組織のマネジメントの分野において第一人者である川北秀人氏からアドバイスをしていただきす。

≪参加団体≫・NPO法人 人づくり委員会こみと/NPO法人石見の家/NPO法人てごねっと石見/イワミノチカラ(任意団体)

(ブログ)てごねっと石見の活動日記⇒ http://blog.canpan.info/tegonet/archive/280

131004bukatus (2).JPG

キャリア教育で島おこし  講師: 大野圭司氏
2013年10月4日(金)18:00~19:30

中学生や高校生のうちから将来の生き方や職業を考える能力を育む『キャリア教育』が全国の中学校・高校で導入されつつあります。内容も様々で、地元大学生との対話や、インターンシップ、職場訪問など多岐にわたるプログラムが立案されているようです。
今回のゲストは、山口県周防大島町にてキャリア教育プログラムを企画・実践している大野圭司氏です。東京・大阪にて景観設計、ジムトレーナー、WEBデザイナーなどを経た後、出身地の周防大島へUターン。フリーペーパー発行の他、社会人向けの起業家養成塾『島スクエア』を企画運営し、5年間で200名近くの卒業生が集まる島おこしコミュニティを作り上げました。
今年度からは、高校生や大学生へ対象を拡大し、『教育から郷育』を理念に、将来地域を担う10代の起業家精神を育む、実践型キャリア教育事業をスタートさせています。立ち上げ資金は、国の補助金の他にクラウドファンディング『FAAVO』で出資者を募り、期間内に目標額を達成したとのこと。情報発信や資金集め、ネットワークづくりなど、プロデューサーとしての様々な舞台裏を探っていきたいと思います。

夢とジブンを発見できる実践型キャリアプログラム『ENTRE STUDENT 2013 』
http://dreamkids.typepad.com/

(ブログ)てごねっと石見の活動日記⇒ http://blog.canpan.info/tegonet/archive/275

130905bukatsu.JPG

子どもと地域と新しいコミュニティーデザイン  講師: 遠足計画・石原達也氏
2013年9月5日(木)18:00~19:30

9月のテーマは、『子どもと地域のNPO』。
中国地方各地で子どもにまつわるNPO活動が活発化していますが、収益化に向けては課題がまだまだ残っています。
今回は鳥取で『冒険きち』と題した自由な遊び場づくりを手がけてきたNPO法人遠足計画の代表、石原達也氏をお招きします。2013年からは、鳥取市河原町の元保育園の建物で『人と思い出をつなぐ古本屋』を運営しながら、新しい遊び場づくりへと発展しつつあるようです。

NPO法人 遠足計画
http://ensoku-keikaku.org/

(ブログ)てごねっと石見の活動日記⇒ http://blog.canpan.info/tegonet/archive/273

130812bukatsu.JPG

番外編・中国地方学生対抗ゼミ
2013年8月12日(月)13:00~16:00

中国地方を中心に、各地からてごねっと石見をめがけて学生が集結。
チーム対抗戦形式で、各地の取り組みを発表、中国地方の学生たちの最先端事情を探ります。
【発表チーム】
島根県立大学: 異業種交流会『学生う・まいんど』の取り組み
島根大学: 雲南市山王寺地区の棚田整備の取り組み
島根大学医学部: 石見を踊りで地域活性『おろちいき』の取り組み
専門学校松江総合ビジネスカレッジ: 木次線プロジェクト
広島大学、広島県立大学: 広島島根学生交流会『ひろしまねっこ』の取り組み
明治大学(浜田出身): 石州和紙でスマホケースを作るワークショップの取り組み
長崎県立大学(雲南出身): 東北震災ボランティアの取組み
学生人材バンク(鳥取): 学生の視点から見た学生人材バンク

130712bukatsu.JPG

公開講座・モチベーションアップセミナー※ごうつ塾(創業塾)第1回との合同開催
2013年7月12日(金)18:30~21:00

ごうつ塾は、「商売を始めてみたい」「事業計画を見直したい」「いずれは創業したいので勉強しておきたい」という想いから一歩踏み出すために、創業にあたっての動機づけや、事業コンセプトの作成など、想いをカタチにする入門講座です。
江津市ビジネスプランコンテストの支援事業として、江津商工会議所および桜江町商工会が主催しています。

※第2回以降の開催概要
7月19日(金)18:30~21:00 コンセプトシートの作成①
7月26日(金)18:30~21:00 コンセプトシートの作成②
8月2日(金)18:30~21:00 補助金・助成金の利活用について/融資審査のポイント

(ブログ)てごねっと石見の活動日記⇒ http://blog.canpan.info/tegonet/archive/270

130626bukatsu.JPG

地域に飛び出す看護士・矢田ママという生態系  講師: 矢田明子氏
2013年6月26日(水)18:00~19:30

今回のゲストは、雲南市を中心に看護を軸とした新しい健康作りのかたちを探求する矢田明子氏。
出雲市出身の3児のママ、島根大学医学部看護学科の現役社会人大学生、掛け持ちサークルは10個以上。専門学校時代に学費稼ぎで雇ってもらった短期営業バイトでトップをたたき出すなど、武勇伝は数知れず。
あまりの個性的キャラに誰もが思わず注目してしまう『矢田ママ』。
雲南市の地域プロデューサー養成講座『幸雲南塾』の1期生として通う中で、医療・福祉が専門で、普通のプログラムではできない、高齢者のための新しい健康づくりのカタチを探りはじめました。
2012年から雲南市掛合町波多地区にて農業を軸とした助け合いの健康作りプログラムを試験的に実施。大学内で評判となり、さらには農林水産省の耳にも届き、2013年、農水省から予算も出るまでに。
恐るべき行動力でいつの間にか地域と行政・大学などを繋いでいく、その思考回路は一体どうなっているのか? その生態系を探っていこうと思います。
(ブログ)てごねっと石見の活動日記⇒ http://blog.canpan.info/tegonet/archive/262

130517bukatsu.jpg

いかレた観光協会のニューツーリズム  講師: 赤澤雅弘氏
2013年5月17日(金)18:00~19:30

公開第1回は、岡山県の井笠地域、玉島地域にて地域資源を活用した新しい産業観光スタイルを確立させた、コピーライターの赤澤雅弘氏。
「何も観光資源などないと言われていた玉島・児島エリアの状況を覆すべく、2004年より地域の商工業者と繰り返し話し合い、取り組みを重ねてきた陰の立役者です。今では、倉敷市・玉島商工会議所、児島商工会議所が連携し、『産業観光ツアー連携委員会』が発足するまでになりました。
ツアー自体も、予約開始から電話が殺到し、初日でほとんどのツアーが満席になる人気ぶりです。http://blog.livedoor.jp/ikashitakankou-ikashitakankou/archives/cat_50045347.html
そんな赤澤氏の取り組みを通じて、石見における新しいツーリズムの形を探っていきましょう。

(ブログ)てごねっと石見の活動日記⇒ http://blog.canpan.info/tegonet/archive/259

事務局
NPO法人てごねっと石見

創業支援、人材育成、地域プロデュース 

2011年4月に設立したNPO法人てごねっと石見。島根県内でもとりわけ人口流出の激しい江津市を拠点とした、地域づくりに燃える人々のネットワーク。産業人材コーディネーター、地元経営者、学校校長、行政職員など、熱い想いを持って自ら動ける人間の集まり。今年度は、Go-con’2013(江津市ビジネスプランコンテスト)の開催の他、江津市駅前活性化事業、また初等教育からのキャリア育成等の企画、運営を行う。